古くなった本を読むブログ

思いのままに本を読んで感じたものを書くブログ

【感想】「盆栽世界 2011年6月号」 新企画出版局

f:id:tanisuke1234:20170722112035j:image

🔖目次

 

👓本の紹介

  • 題名 月刊盆栽世界 2011年6月号 第623号
  • 発行所 株式会社新企画出版局
  • 発行日 2011年6月1日
  • 価格 定価1000円

 

✋選んだのは

 今まで縁遠かった分野の本を読みたいと思ったために選びました。

 

📖本のまとめ

 石付き盆栽の特集や趣味家の紹介。プロのコツや読みものコーナーなど。盆栽を伝える雑誌。

 

❤感じたもの

「石付き盆栽と想像」

石付き盆栽という盆栽があります。

 

今回は石付き盆栽の特集でした。

 

石付き盆栽は石に木を付けた盆栽で、崖や山を見せます。

 

記事で見学者が「まるで山に入ったような気になる景色だなぁ」と表現する場面がありました。

 

石付き盆栽はまさに山の景色が見えます。

 

石は自然を表し、木は生命を表し、ふたつが付くことで自然が表現されます。

 

縮小した自然を見て省かれた景色が見えます。

 

人間が美しいと感じるのは想像した景色の方だと思いました。

 

目に見える景色は想像の手助けなのだと思います。

 

怖い話も同じで、直接的な恐怖よりも想像した恐怖の方が数倍怖いです。

 

美しいと感じるのは想像だと考えると、盆栽の美しさは頭の中にあるのだと思いました。

 

もしかしたら芸術も同じなのかなと思います。

 

同じとはつまり石です。

 

山や崖があるように想像させるための石です。

 

石でどのように想像させるか。

 

どのような景色を見るかは想像に委ねられているのです。

 

「盆栽とブログ」

盆栽の雑誌を読んでいると実際に始めたくなります。

 

ミニ盆栽という盆栽があるのでやってみたいのですが、場所がないので見送ります。

 

場所があればミニと言わず小品を始めてみたいのですが。

 

前にも書きましたがブログも盆栽です。

 

ブログも小さな空間の中に色を表現します。

 

盆栽に花ものという種類があります。

 

花を楽しむ盆栽です。

 

ブログは花ものの要素を含んでいます。

 

こつこつと育て、ある時期に花を咲かせる。

 

花とは読み手です。

 

盆栽は数十年単位で楽しめるものです。

 

ブログも数十年単位で楽しめます。

 

盆栽とブログ。

 

似ています。

 

素敵な色を表現できるようになりたいです。

 

読んでもらいありがとうございました。

 

明読斎

 

おすすめカタツムリ 🐌🐌🐌🐌 4

 

盆栽世界 2011年 06月号 [雑誌]

盆栽世界 2011年 06月号 [雑誌]