古くなった本を読むブログ

思いのままに本を読んで感じたものを書くブログ

【感想】「ヤマネコさつじん事件」 舟崎克彦 金の星社

f:id:tanisuke1234:20170612103118j:image

👓本の紹介

 

✋選んだのは

 前に読んだ舟崎克彦さんの本が、2冊とも面白かったのでもっと読みたいと思い選びました。

 

📖本のまとめ

 村のゆうびん局をするアヒルさん。ある日、村のヤマネコさん宛に「ころします。」と書かれたハガキがポストに入れられたのを見ておどろく。アヒルさんは犯人を探すが、2通目の「ころしました。」というハガキがポストに入れられて・・・。

 

❤感じたもの

 ハガキに書かれた「ころします」と「ころしました」が事件のカギを握っています。

 

 僕はアヒルさんがヤマネコさんにへんけんをもっていると感じました。

 

 いつも曲がったものの見方をしているので、今回の事件がおきたのだと思います。

 

 もしかしたらアヒルさんはたいくつしすぎて、ものをおおげさに見ていたのかと思いました。

 

 アヒルさんはヤマネコさんに対して、悪いヤツと決めつけていたのです。

 

 ものを決めつけたアヒルさんから事件がはじまったので、今回の事件は決めつけがげんいんだと思いました。

 

 僕はヤマネコさんの家のぎんなんが事件に関係していると思っていました。

 

 しかし、関係があったのは○○の方でした。事件の核心なので隠します。

 

 それにしても、まさかあんな真相だったとはおどろきました。

 

 事件をきっかけにしてヤマネコさんとも仲良くなれて、アヒルさんの退屈は減ったと思います。

 

 アヒルさんはヤマネコさんへの見方を変えたのでしょう。

 

 どんなものも悪く見れば悪く見えますし、良く見れば良く見えます。

 

 悪く見るか良く見るかは、僕の受け取りかたしだいです。

 

 アヒルさんが早とちりしたきょうはくじょうも、よく見ればただのハガキだったわけです。

 

 じつはハガキときょうはくじょうでは大きな違いです。

 

 ハガキときょうはくじょうでは良い人と悪い人ぐらい違います。

 

 良い人ととるのか、悪い人ととるのか。

 

 手紙をハガキととるのか、きょうはくじょうととるのか。

 

 今回の事件はアヒルさんの早とちりがまねいた事件でした。

 

 それでは、事件の前と後で一体何が変わったのでしょうか。

 

 事件の前と後で変わったのはもちろんアヒルさんです。

 

 本当はヤマネコさんは良い人だったのです。

 

 ヤマネコさんが良い人であれば事件はかいけつです。

 

 読んでもらいありがとうございました。

 

おすすめカタツムリ 🐌🐌🐌🐌🐌 5